涼しく住まうくふう

掲載日:2016年07月01日


2016年も半年が終わりました。
これから梅雨が明けたら夏本番ですね。

暑くなるのは、覚悟の上・・・。
少しでも涼しく暮らすにはどうしたらいいものか?とちょっと考えてみました。

ぱっと思いつくのは、風鈴を下げる、打ち水をする、すだれをかけたり
よしずをたてたり、つる科の植物を育て緑で日光をさえぎる・・・。など。
こうしてあげてみると、どれも昔からあるものばかりだと気づかされます。
今の生活にすぐに取り入れることもできますし、どれも風流ですね。

大きなものでは、床下の換気システムや、セントラルヒーティングなどもありますし、
もちろんエアコンが一番簡単に涼しくすごせる手段ですが、利用する時間帯や
利用時間などを意識して頼りすぎを防ぎたいものです。
ついつい無意識に涼しい中に長くいることが多くなりますが・・・。

暑いとついそうめんやかき氷など冷たいものを食べがちですが、暑ければ暑いほど
美味しいものですよね。
熱もないのに氷枕を使ったり水風呂に入ったり、暑いことを楽しんで、涼しいことをあれこれ
ためしていた小さなころ。子どものほうが、そういうことを見つけるのが上手だなぁと思います。

もうすぐ夏祭りや花火大会もありますね。浴衣でおでかけするのもまた楽しいですね。
浴衣の着付けを学べる講座や、夏休み編で、親子でパンや、アートを楽しめる講座もあります。
ぜひ太宰府市のモデルハウスへ遊びにいらしてください。2a1c50bd-1ef7-4316-888c-b3bcc097c17d - コピー