風景

掲載日:2014年02月20日


今日の太宰府は寒さも緩んで
上着がいらないくらい暖かい一日になりました。

冬眠から目覚めた木々も
春が待ち遠しいと小さな新芽を膨らませ始めています。



広縁の大きな窓から降り注ぐ日差しは心地よく
そこから眺める真っ青な空と白い雲がゆっくりと流れていく風景が大好きです。

この風景を楽しみたい・・・
そんなことを思いながら窓を拭いていると
だんだん気持ちが明るくなって元気が湧いてきます。
私のイエが好き!と思える幸せ。
暮らしを楽しむってこんな小さなことの積み重ねなのでしょうね。