リフォームとリノベーションってどんな違いがあるのか解説します!

掲載日:2016年10月12日

みなさんは「リフォーム」と「リノベーション」の違いってご存知ですか?この二つの言葉ですが同じことのような意味に感じがちですが、実はこの2つは違う意味合いをもっています。今日はこの「リフォーム」と「リノベーション」についてお話ししたいと思います.

121101-129

リフォームとリノベーション

日本では「リノベーション」という言葉が出てくる前までは「リフォーム」という言葉ですべてひとくくりにされていていたと思います。「リノベーション」という言葉の浸透とともに区分けされたという感じでしょうか?なので現在でもこの「リフォーム」と「リノベーション」は明確に区分けされているわけでもなく若干曖昧な部分もあることも事実です。
以前までは「リノベーション」よりも「新たに建て直す」というのが主流だったのですが、昨今はテレビ番組等の影響もあり「リノベーション」がグングン追い上げているかな?という認識があります。

リフォームとは

英語「reform」で日本語に直訳すると「好転・改善」という意味になります。部屋の間取りはそのまま「部屋の壁紙を変える」「トイレの便座を交換する」「流し台・調理台などの交換」「浴槽の設備の交換」「畳や床を変える」このような生活の中で、破損したり劣化した場所を新築に近い状態に戻す工事のことを一般的に「リフォーム」といいます。なので工期も短期間で費用も安くなります。

リノベーションとは

英語「renovation」で日本語に直訳すると「革新、修復」という意味になります。二つの別の部屋の間にある壁を抜いてひとつづきの大きな部屋にして間取りを変えて現状より家の性能を向上させる。部屋同士の段差をなくしバリアフリーにする。家自体の形は変えることなく、家の使用用途を変える。(例えば自宅をカフェにしたり・オフィスにしたり)このような元の構造から全く違うものに変えていく工事の事を一般的に「リノベーション」といいます。新築よりも費用面で安く上がる場合もあります。また大掛かりの工事を伴う場合が多く工期も費用もリフォームよりはかかりますが、住宅の機能性を変化させて新しく生まれ変わることで家自体の資産価値も上がるといわれています。

まとめ

「リフォーム」と「リノベーション」それぞれ違いわかりましたかでしょうか?大きな違いとしては「工事にかかる費用」「工事の規模・期間」「住宅の機能性」「資産価値」だと思います。ちなみに豆知識としましては「リフォーム」は和製英語なので海外では通じません。海外では「リモデル」「リノベーション」などの言葉が一般的に使われています。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!