大野城市のリフォーム補助金制度について

掲載日:2017年01月17日

大野城市周辺には「警固断層」が縦断しているため、大規模地震が発生した際、多くの被害を受けることが予想されています。現在の耐震基準以前に建てられた旧耐震基準の住宅を対象とした耐震改修リフォーム工事に補助金を支払う助成を大野城市では行っています。

大野城市耐震改修リフォーム補助金の対象住宅とは

大野城市のHPによりますと「昭和56年5月31日以前に建築または工事着工した市内の木造戸建て住宅であること」「耐震診断を受けた結果が上部構造評点1.0未満(倒壊する可能性がある又は高い)と判定されたもの」「居住者又は耐震改修後に居住する予定の者がいること」「市税の滞納がないこと」のすべてをクリアーしていることが耐震改修リフォーム工事の申請の条件となります。現在、補助金の金額は耐震改修リフォーム工事の工事費用の50パーセント(上限が60万円)となっておりますが平成29年度より25パーセント(上限30万円)に変更になる予定です。

手続きの流れ

まずは、大野城市都市計画課にて事前相談を行います。その後、耐震判断を受け施工業者を選定します。(耐震判断は3000円程度でできます)それに伴い必要な書類を全て都市計画課に提出し、その書類を元に審査した後、決定通知が届きます。その決定通知が届いたら工事が着工となりリフォーム工事が完了したのち、耐震改修リフォーム工事の領収書や耐震改修リフォーム工事状況のわかる写真等をしに提出することで、補助金の受け取りが可能となります。申請の書類等は市役所のHPにてダウンロードが可能です。

注意すること

この制度には定員があり、今年度は先着順で20件を予定されているそうです。耐震改修リフォームの着工前に申請を行わないといけません。申請までに耐震診断を終えておく必要があります。他のリフォーム補助金と併用も可能です。耐震改修リフォーム工事を行った場合には固定資産税の減税や所得税の控除また融資の支援を受けられることもあるので念頭に入れておきましょう。

まとめ

大野城市では警固断層が縦断している上に旧耐震基準で建てられた家屋も多く存在していて、もし大規模地震が発生した場合かなりの被害が出るのではと推測されています。その経緯もあり、地震につよく安全安心な街を目指し「大野城市耐震改修促進計画」をかかげています。現在大野城市で耐震改修リフォーム工事を検討されている方はぜひこのような制度を利用するのもよいかと思います。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!