春日市のリフォーム補助金制度について

掲載日:2017年01月16日

春日市では「震災に強いまちづくり」をスローガンに掲げ住宅のリフォーム耐震改修工事の工事費用の一部を補助金として助成する事業をおこなっております。どのような事業なのでしょうか?

春日市耐震改修リフォーム補助金の対象住宅とは

春日市のHPによりますと、耐震改修リフォーム補助金を申請できる対象として「市内に存在する木造戸建て住宅であること」在来軸組構法、伝統的構法または枠組み壁工法で建築された木造一戸建て住宅(店舗などの用途に供する部分の床面積が、建物全体の床面積の2分の1未満であるものを含む。)「昭和56年5月31日以前に建築または工事着工した住宅であること」「耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であること」一般財団法人日本建築防災協会による「木造住宅の耐震診断と補強方法」の一般診断法の基準に基づき、建築士法(昭和25年法律第202号)第2条に規定する建築士が、住宅の地震に対する安全性を評価すること。「リフォーム耐震工事制度による補助金の交付を過去に受けていないこと」「現に居住者がいる、または居住予定者がいること」「耐震改修工事により建築基準法および関係法令の規定に違反することとなるものでないこと」「市税を滞納していないこと」という条件をすべてクリアーしている必要があります。補助金の金額はリフォーム耐震改修工事の工事費用の20パーセント(上限30万)となっています。

注意すること

耐震判断は春日市では行っていないので福岡県建築住宅センターや福岡市耐震推進協議会又は民間の企業に依頼をしないといけません。リフォーム耐震工事と同時に他のリフォーム工事を行う場合リフォーム耐震工事以外は補助金の対象外となります。耐震改修リフォーム工事を着工した後に申請はできないので着工前に必ず確認をしておきましょう。また先着順(10件)なので申し込みが既定の件数になると制度が終了してしまいますので注意しましょう。この制度とは別に「固定資産税」(春日市役所:市税務課)や「所得税」(税務署)の減税の制度も利用できる場合もあるので併せて確認しておきましょう。

まとめ

春日市で現在リフォーム耐震工事を検討されている方はこのような補助金の制度を利用されるとよいと思います。財政の関係でこのような制度はよく変更されます。また今後も継続して行われる事業なのか不透明です。リフォームの検討をされている方は春日市役所の担当の窓口やリフォーム施工会社などにしっかりと相談しましょう。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!