空き家の買取をする際の注意点

掲載日:2018年03月26日

相続した実家や両親が介護施設に入所したために不在になった家・・・自分たちは住む予定もない。しかし、空き家にしていてもコストがかかるので売りに出したものの、なかなか買い手がつかない・・・そのような時は不動産会社に空き家を買取してもらう方法もあります。

空き家の売却と買取

不動産会社が仲介してもらい買い手を見つけ売却する。多くの人が思い描くのはこの売却という手法ですが、買取は、不動産会社自体に、空き家を買い取ってもらう事です。買い手が違うということです。

注意する事

不動産会社が、買取した空き家は、そこから付加価値をつけて、リフォームや修繕工事をしたりもして、新たに販売商品とするため、どうしても売却よりも価格が低くなります。不動産会社としても少しでも多くの利益を出したいでしょうから、仕入れ値(買取価格)は少しでも下げたい事情もあることでしょう。
買取になると安くなってしまうということをきちんと理解した上で検討しましょう。

時間があるのであれば、空き家の買い手が見つかるまで待ってもいいでしょうが、たとえば、相続税の支払いがある。現金化してすぐに現金が欲しい人は空き家の買取を検討するのもよいでしょう。

また、契約するときは瑕疵担保責任を免除する契約にしましょう。「瑕疵担保責任」とは、一定期間の間、何か問題が起きた場合、売主に補修義務がおきたり、また契約自体が解除されることがあるということです。過去には、地盤改良費として売主に数千万請求されたことも・・・これでは逆にマイナスになる場合もありうるのです。この瑕疵担保責任は、売主が個人であれば免責する特約が有効となりますので、しっかりと確認しておきましょう。

少しでも・・・

人間、少しでも高く売りたいともうもの・・・ならばしっかりと空き家の維持管理をすることです。どうしても誰も住んでいない空き家は家が傷みやすくなります。空き家管理を放置しているとせっかくの価値を下げてしまいます。庭の手入れも同様です。
また、複数の業者に見積もりをしっかりと出してもらいましょう。意外と地元の不動産業者はその地域で空き家を探している情報をたくさん持っているのでねらい目です。

まとめ

空き家の買取業者はしっかりと選ぶ事が大切です。後でトラブルにならないように契約の際には確認しておきましょう。これからますます空き家は増えると言われています。手遅れにならないようにしたいものですね。

◆メールマガジンのご案内

毎月1回、イエノコトの社長淀川からのメッセージと、毎月発行しているニュースレターのPDFが閲覧できるページを配信します。
片付けやリフォームに関する情報など、皆さんの生活が少しでも豊かになれる情報を配信します。登録は無料です。
是非、ご購読下さい。

 


イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川市、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!