空き家管理について

掲載日:2018年03月11日

相続等で空き家を管理することになった際、ずっと放置しておくわけにはいきません。すぐに売却予定もない場合は、空き家に必要な経費や管理対策はどのようにするべきなのでしょうか?

ランニングコスト

すべての不動産には、固定資産税がかかってきます。人が住んでいない、空き家だからといって免除されるわけはなく支払う義務があるのです。
現行の法律では、建物を壊して更地にしてしまうと、固定資産税が高くなってしまうため、築年数は古くてもそのまま残しておいてあえて安く評価してもらっている人も多くいる事でしょう。これは空き家を増加させている要因の一つなのです。

しかし、空き家対策特別措置法も施行されました。すぐにというわけではありませんが、今後注意が必要です。

また、空き家が一戸建ての建物ではなく、マンションの場合は、マンションの管理費や、修繕費用積立など月々の支払は継続して発生します。水道管や排水管の維持、清掃などで水や電気等が必要であれば光熱費なども継続して契約しておかないといけません。

空き家を管理する

空き家はご近所トラブルを生む原因の一つとなることも多くあります。一番多い問題は不法侵入や不法投棄です。不法投棄は悪臭などの問題を引き起こします。
空き家の近くに住んでいれば、頻繁に空き家に出向くことが出来るので、自分たちで清掃などの管理維持ができますが、これが遠方だった場合は、なかなか頻繁に戻ることは難しくなるので、空き家の維持管理を業者等に依頼する必要があります。

この空き家管理なのですが、要望が以前からとても多かったこともありまして、現在、イエノコト株式会社では「おうち見守りサポート」としてお客様の要望に沿った空き家管理のお手伝いをさせていただいております。依頼された方の要望に応えられるように、また、作業完了後の報告も確実に行っております。また、リフォームで賃貸物件にすることも、同地区で、中古の物件をお探しの方がおられた場合の仲介役など対応も可能です。ご相談でも構いません。気になることがありましたらご連絡いただければと思います。

まとめ

核家族化、高齢化が進み空き家問題はこれからますます増えてくると言われています。不動産を相続したけれどとりあえず急ぐ話ではないからと空き家を管理せずに放置していると大変な事になりうることもあるのです。
しっかりと考え無駄なのない選択をしましょう。そのお力に私共はなりたいと思っております。

◆メールマガジンのご案内

毎月1回、イエノコトの社長淀川からのメッセージと、毎月発行しているニュースレターのPDFが閲覧できるページを配信します。
片付けやリフォームに関する情報など、皆さんの生活が少しでも豊かになれる情報を配信します。登録は無料です。
是非、ご購読下さい。

 


イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川市、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!