リフォームで外壁を塗り替えたい!塗装が成功するポイントとは?

掲載日:2016年10月23日


住宅リフォームは内装ばかりではなくて、築年数が経過すると外壁リフォームも検討するご家庭も多いかと思います。ただ外壁を塗るだけで完了・・・ではないんですよ。今日は外壁リフォームをする際のポイントについてお話ししたいと思います。

121101-1

外壁リフォームにはどんな種類があるのでしょうか

一般的によく行われているのが「塗装」です。現状の壁の上から塗装していく工事です。価格は低価格ですが定期的に塗りなおす必要があります。または長年の風化で亀裂や雨漏り等の修繕をメインで行うリフォーム工事もありますし、最近では断熱効果を向上させるためのリフォーム工事もあります。

外壁リフォームの塗装の種類と素材

よく使われているものをいくつかあげてみます。「タイル」マンション等によく使われているタイルで「陶器質」「磁器質」「石器質」などの種類があります。「防水」防水塗料を使い塗装します。一番の劣化の原因は防水ができていないことと言われていますので防水加工をしっかりとしておけば維持しやすくなります。「サイディング」一枚の小さな壁を貼り付けていく工事です。「金属」「合成樹脂」「窯業」などがあります。「ガリバリウム」耐久性が高くまた耐熱性にも優れていて急速に伸びていく工事の一つです。「シリコン」外壁リフォームには必需品というべきでコスパもさることながら耐久性もバツグンです。それぞれに特徴があります。

色はどうしたらいいでしょうか

色を検討する際には外壁リフォーム工事会社さんから色のサンプルで見せてもらうでしょうが、工事完了後、意外と想像と違ったと感じる人が多いそうです。そのサンプルも作られてから日数が経過していることですし、既存の壁の上に塗ることで同じような色を出すことはなかなか難しいのです。また屋根の色とのバランスもとても重要です。具体的にこんな家の色がいいなど参考にできる物件を探してそれを外壁リフォーム業者さんに伝えるのもよいと思います。

季節もちょっとだけ

湿度が高くなる梅雨や9月も雨が多いため外壁塗装に向いていないと言われています。また雨が多い時期は工期の延長が多いです。負担が大きくなるため、できるだけ雨期は避けましょう。

まとめ

昨今、外壁のリフォームを検討される際に合わせて特に「耐震性」に注目する人が増えてきました。外壁リフォームの一番のメリットは外壁をしっかりすることで地震に強い家、さらに、外観の見栄えもよくなる事です。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!