リフォームのローンを選ぶ時のポイント~金利や担保等考えること沢山!

掲載日:2016年10月07日


家を建てたときは自分の理想通りの家だったけれど、家族の成長と共に家がちょっと使い勝手が悪くなってきた・・・そろそろ家のリフォームを考えているけれど、自己資金がちょっと足りない・・・でもなかなかリフォームをすることもないだろうから、中途半端なリフォームにはしたくない。ならば、ローンを利用しようかと・・・でも色々あってわからないとお困りの方、リフォームローンを選ぶポイントはどこなのでしょうか?

121101-1

リフォームで使えるローンは?

「住宅ローン」返済期間が最長35年と長く設定でき、比較的低金利で融資をうけれます。しかし保証金や抵当権などの費用が別途かかってきます。
「リフォームローン(銀行系)」返済期間が15年程度で融資額も500万円前後というものが多く無担保で利用できますが住宅ローンよりも金利が高く設定されています。
「リフォームローン(クレジット会社系)」一番のメリットは審査手続きが簡単なことです。返済期間は10年程度で融資額は300万円前後ですが頭金や保証金なども不必要な場合もあります。
それそれのローンには特徴がありますので、家庭事情に合うものを利用しましょう。リフォームの金額や返済の計画などは事前にしっかりと相談できるので疑問に思うことは必ず確認しておきましょう。ここをしっかりとしておかないと後々苦労することにもつながりますよ。

かかる費用は金利だけじゃない

特に注意しておきたいのがローンの返済金額はリフォームの金額と利息(金利)だけではないという事です。銀行系を利用する際は「分割手数料(利息)」「保証協会への保証金」「事務手数料」「抵当権設定費用(有担保)」「印紙代」などがかかります。クレジット系は「分割手数料(利息)」がかかってきます。
融資してらもう金額によっては利息<利息以外の諸費用になってくるものもありますので総額で判断すると金利の安い住宅ローンよりも金利の高い無担保のリフォームローンの方が安くなる場合も出てきます。
有担保ローンの場合は揃える書類も多く(登記簿謄本・印鑑証明・住民票など)その証明費用もしっかりとかくにんしておきましょう。

まとめ

リフォームローンは無理なくそして無駄のない返済計画。そして理想のリフォームであなたの生活のレベルアップができるといいですね。もし、リフォームでお困りの方または、リフォームローンはどこがいいの?とお悩みの方ぜひぜひ当社イエノコト株式会社までご相談ください。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!