住宅リフォーム工事のエコポイントの制度って何?

掲載日:2015年10月07日


よくテレビや雑誌等で住宅リフォーム工事のエコポイントとなど聞くけれど、それはどのような制度なのでしょうか?自分の家には利用できる制度なのでしょうか?今日はエコポイント制度についてお話ししたいと思います

121101-220

エコポイントの制度とは

省エネ住宅の新築・エコリフォームの普及のため、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的としていて、一定の省エネ性能を装備した住宅の新築やエコリフォームに対して様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度の事です。

該当する工事とは?

エコ住宅新築の場合は、エコポイントを得る人自ら居住する住宅が対象となっていて借家は対象外となっています。いずれかの基準に該当する新築住宅であり、証明する登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要となります。

「省エネ法のトップランナー基準相当の住宅」「一次エネルギー消費量等級5の住宅」「一次エネルギー消費量等級4の木造住宅」「断熱等性能等級4の木造住宅」「省エネルギー対策等級4の木造住宅」申請するには新たに建築する住宅(注文住宅・分譲住宅)の取得(新築タイプ)と2014年12月26日までに完成した新築住宅※の購入(完成済購入タイプ)があります。

エコリフォームの場合は全ての住宅が対象となります。

対象となる工事内容は次の1~3のいずれかの改修工事「窓の断熱改修」「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」「設備エコ改修(エコ住宅設備※を3種類以上設置する工事)」これらに併せて行うその他の工事等「バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)」「エコ住宅設備※(2種類以下)」「リフォーム瑕疵保険への加入」「耐震改修工事」既存住宅購入に伴うエコリフォームによるポイント加算「太陽熱利用システム」「節水型トイレ」「高断熱浴槽」「高効率給湯機」「節湯水栓」が該当します。

気になる住宅リフォームエコポイントは?

エコポイントの上限は300,000ポイントを上限とされていてそのポイントは「商品との交換」「環境寄付」「復興寄付」などさまざまなものに交換できるようになっています。本当に何にしようか悩んでしまうぐらいたくさんあります。ポイントを得る際には必要な書類等がありますので、事前に確認しておきましょう。

ただし注意点は平成27年10月21日の受付分で終了になりますので、注意してくださいね。

まとめ

省エネ住宅ポイントに関するご相談やエコリフォーム工事のご相談は随時受け付けております。ご自宅のエコ化をお考えでしたら、是非一度弊社までご相談ください。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!