空き家の問題点を徹底解説

掲載日:2018年03月25日

両親が病気になり介護施設に入居することになった。両親が他界して相続することになった。他人事と思うかもしれませんが、いつあなたの身に降りかかるかわからない問題です。空き家にしておくことで起こりうる問題点について考えてみたいと思います。

今どういう状況なのか?

空き家といっても色々な理由があるはずです。おおまかに分類すると「住んでいないけれど使用用途はある」「賃貸の借り手がない」「売りに出しているが契約まで至っていない」「使っていない」今日本で問題になっているのはこの「使っていない」空き家なのです。「使っていない空き家」・・・地方だけの問題だろうと思われる方も多いかもしれませんが、ここ数年都市部でも増えていると言われています。

空き家問題点とは

空き家と言っても一戸建ての空き家・・・マンションの空き家・・・それぞれで問題点は違ってきます。それぞれ考えてみたいと思います。

マンションの場合

マンションの場合は、空き家でも月々の修繕積立や管理費などの支払わないといけません。さらに空き家でも何が起こるかわからないので地震保険や火災保険の支払いもあります。空き家を清掃しに行くときのために、光熱費も払っておかないといざ空き家を掃除をしにいっても掃除ができません。

一戸建ての場合

一戸建てでもマンション同様掃除のための光熱費や地震保険や火災保険の支払いいも必要です。マンションはオートロックなどのセキュリティがあれば空き家でも不法侵入の抑制にもなりますが、一戸建てですと、不法侵入の恐れも出てきます。人が住んでいないと老朽化が加速すると言われ、害虫が棲みついてしまいます。庭があれば雑草も伸び放題になり不法投棄されやすくなります。

さらに無法状態になると、行政代執行が行われます。これはすぐにというわけではありませんが、このような空き家は犯罪の温床となりやすいため自治体もそのままにしておけないのです。2015年に施行された「空き家対策特別措置法」によって、こうなった場合は「特定空き家」に認定されて、通常宅地として受けられていた優遇措置が受けられなくなり、固定資産税が高くなります。

まとめ

これからますます増加すると予測されています。世帯数に対しての住宅の供給量の比率がずれている、また少子高齢化・核家族の影響もあるといわれています。空き家の問題点はその地区でまた違った問題があるかもしれません。手遅れとならないようにしっかりと対策を取っておきましょう。

◆メールマガジンのご案内

毎月1回、イエノコトの社長淀川からのメッセージと、毎月発行しているニュースレターのPDFが閲覧できるページを配信します。
片付けやリフォームに関する情報など、皆さんの生活が少しでも豊かになれる情報を配信します。登録は無料です。
是非、ご購読下さい。

 


イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川市、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!