終活で断捨離で徹底的に整理した方が良い?

掲載日:2017年06月10日

核家族化が進み高齢者の一人暮らしも珍しくなくなり、子供は遠方にいてあれこれ頼める人が近くにいないという人も珍しくはありません。終活の中では、特に断捨離して家の中の整理をするのは時間がかかると言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

終活で断捨離して整理することでのプラス効果

終活することは良い事だという風潮がある中、終活にいいイメージを抱いていない方も多いのも事実です。しかし、いつ何が起こるかわからないのも人生なのです・・・終活をマイナスに考えるのではなく、その中で自分の生活を見直すため、自分の人生を振り返りリセットし前に進むためにすると思って終活をはじめてみるのはどうしょう。

特に物を大切にされる年代の方は、物を捨てられず物が多いと言われています。所有している本人ですら把握できていないものを整理するのは本当に大変な事です。終活の中でも一番時間と体力を使うのが断捨離で物を整理することと言われています。困った時は終活のプロや断捨離などの整理業者に相談するのもよいでしょう。適切なアドバイスがいただけるはずです。

とはいっても、終活だ!断捨離だ!と徹底的にしなくてもいいと思います。まずは身の回りから始めてみてはどうでしょう?賞味期限が切れた食材がありませんか?もう何年も使っていないお皿や鍋などのキッチンツール。玄関には使ってない靴や壊れかけの傘などありませんか?まずは、判断の決めやすいものから始めていき慣れてきたら判断の難しいものに取り掛かればよいかと思います。

また、断捨離で不要になったけれどまた使えるものは、リサイクルショップなどに持っていくとよいでしょう。他の誰かにとっては必要なものかもしれません。捨てたらゴミですが、意外といい収入になったという話も多いんですよ。

最近ではこんなものも

デジタル遺産と言われているPCや携帯などのに保存しているものやSNSなどモノとして形はない「デジタル遺産」も話題です。あまり関係ない方もおられるかもしれませんが、これからはこのようなものも増えていくと言われています。ちなみに対応してくれる業者さんやサイトでの設定でできたりもするんですよ。便利な世の中になったものです。

まとめ

終活の一環として断捨離して身の回りの整理をすることで今までの自分を振り返ることができます。いつやるかはあなた次第です。少しずつでもかまわないので終活はじめてみてはいかがでしょうか?

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!