自宅をリフォームする時に仮住まいってどうすればいいの?

掲載日:2016年11月04日

自宅をリフォームする場合、家の1部分であれば居住しながらでも可能です。しかしすべてとなるとやはりリフォームの期間中仮住まいが必要となります。リフォーム期間中はどうすればいいのでしょう

121101-99

日本特有

リフォーム期間中の短期間に住む賃貸物件というのが自宅の近くにあるというのは、正直なかなか難しいと思いますし、近所にそのような物件があれば本当にラッキーだと思います。どうして短期間の賃貸物件が少ないかというと、火災保険は基本的に1年契約がほとんどで仮住まいの間という保険はありません。なので保険をかけ解約してもお金は戻ってきません。また入居の際と撤去の際にハウスクリーニングなどのコストもかかるため、どうしても長く住んでくれる人を好むからです。
リフォーム工事が決まったら、すぐにさがしましょう。リフォーム工事を施工してもらう業者さんに相談するのもよいと思います。色々と実績もあるでしょうし、そのあたりの情報にも詳しいと思います。

短期間であれば

1週間ぐらいのリフォーム工事であれば、意外と思われるかもしれませんが、リフォーム期間は仮住まいよりも「敷金や礼金も不必要」なビジネスホテルなどの方が安くつく場合もあります。とりあえずの生活に必要なものはそろっていますし、掃除も不要。最近のビジネスホテルでは洗濯機などが共用設備として設置されているところもあります。

荷物は最小限で

同レベルの物件を借りれたもしくは広い部屋を借りられた場合はいいでしょうが、仮住まいが手狭な場合、リフォーム期間中に使わないものはレンタルルームなどを利用して預けるのもよいでしょう。最近では引っ越し業者などはこのような場合荷物を預かってくれるサービスを行っている業者もいますので、引っ越し業者を選定する場合の検討材料のひとつとしておいてもよいでしょう。

生活環境

リフォーム工事の仮住まい期間中特に気を付けておきたいこととして、通学通勤距離も変わってくるため学校や職場にはきちんと報告をしておきましょう。インフラ(電気・ガス・水道・郵便物)などの手続きも忘れずにおこなっておきましょう。

まとめ

すべてリフォームとなるとどうしても仮住まいが必要となります。リフォーム工事をしてない部屋に荷物をまとめておいて工事の段取りで荷物を動かしていくということもできなくはないですが、埃や度重なる移動などで破損などの心配も出てきますし、工事進捗も遅くなりがちです。

イエノコトのリフォームについて

弊社女性スタッフがリフォームの無料相談を承っています。片付けの事など、直接リフォームに関係のないご質問等でも構いません。どうぞお気軽にご相談ください。お客様のライフプランに応じた最適なご提案を行います。

ムリな勧誘などは一切行っておりませんのでご安心ください。お問い合わせは問い合わせフォームもしくはお電話(0120-200-789)にて承っております。

対応エリア:太宰府市、春日市、筑紫野市、大野城市、那珂川町、筑前町

ブログランキングに参加しています。記事が気に入ったらクリックをお願いします!